読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外アスリートの下半身事情

海外のアスリートの下半身脱毛は「あたり前田のクラッカー」状態だといいます、なかでもサッカー界はトップクラス。毛むくじゃらの選手が多い海外のサッカー選手たちの中に入れば日本人選手は中学生といっても言い過ぎではないくらいカワイイ。ヒゲも薄く顔も童顔であります。長友は移籍して「スシボーイ」と呼ばれていました。

特にサッカー選手の生命線は走ること!メッシとともにバロンドールを獲得した澤穂希選手も「苦しいときは私の背中を見なさい!}と鼓舞したのは自分が誰よりも走っているということにほかなりません。

あの激しい動きを繰り返す鼠蹊部(太ももの付け根)周辺には毛が密集しているのは世界共通のこと。アスリートはそこが毛によって肌を傷つけることもしばしば!だったら「剃っちゃえ!」というのは当たり前のことになる。

欧米では下半身の衛生のため、スポーツ選手だけではなく、一般の人も下半身脱毛・ハイジニーナ脱毛をするのが一般的であるようです。パートナーとの営みにもそれは至極当たり前のこととなっています。

そもそもハイジニーナとはhygiene、デンタルハイジ―ン、オーラルハイジ―ンとは歯科衛生、口腔衛生のこと。